« 世の中の全員が賛成してくれることはありません。たとえそれが正義のため安全のためであろうと、必ず自分の都合だけで文句を言う人は出てきます | トップページ | 2010年の読書ノート »

2007年3月 5日 (月)

子どもたちは、ダメージを受けないために、被害者にならないために、ウィルスに感染して加害者になってゆくのだ

『いじめは心の疫病である。大人の見えないところで子どもたちの間に伝染していくウィルスである。(略)ウィルスに侵されていない人間だけがダメージを受ける(略)。ダメージを受けないためには感染しなくてはならない。だから子どもたちは、ダメージを受けないために、被害者にならないために、ウィルスに感染して加害者となってゆくのだ。』(山脇由貴子『教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために』ポプラ社 2006年12月 p100)

東京都児童相談センター心理司の著者のいじめに関する洞察は、現場職員ならではの慧眼を感じる。教室の中にいじめの「傍観者」がいないという構造の指摘には度肝を抜かれた。

いじめの解決と、管理者としての学校への責任追及を分けて考えるべきという提言も、実際の現場においてはとても有効な指針だと感じた。

現代の教室で起こっているいじめの実態をかいま見ることで、皮相なマスコミ報道に容易に気づくことができるようになる。いじめや自殺などの新聞報道を鵜呑みにしてはならないことにも気づける。

教室のたったひとりの被害者の他は、全員加害者という見方は、改めて加害者や加害者の家族の責任追及だけではいじめ解決につながらないことを認識した。

学校は、加害者がいじめという行為にしか自分の創造性を発揮していない事実を認めて、授業をはじめとする学校生活のさまざまな場面で子どもたちの創造性を発揮させる工夫に今まで以上に取り組むことを期待したい。

|

« 世の中の全員が賛成してくれることはありません。たとえそれが正義のため安全のためであろうと、必ず自分の都合だけで文句を言う人は出てきます | トップページ | 2010年の読書ノート »