« 個別の意味 | トップページ | 工賃倍増計画支援事業 »

2006年12月26日 (火)

理由があるはず

先日、国立歴史民俗博物館に短時間ですが立ち寄る機会がありました。

入館券発売所で、第三展示室が改装工事中で「江戸時代」が見学できません、という案内を受けました。

とはいえ、久しぶりの見学なので新発見がいろいろとあり感激しました。

見学後、再び入館券発売所のカウンターで、改装工事はいつ終わるのですか、と尋ねました。すると2008年3月までという回答でした。

え? と思いました。いまは2006年12月です。あと1年以上かかるの? 

その理由は何だろう? と思いました。カウンターの方はそこまで説明してくれません。しかしそこをなんとかしてほしいと思いました。

あくまで想像ですか、たとえば第3展示室の中には約20のコーナーがある、その一つ一つを改装するには、特別の専門業者が関わるので1つにつき1ヵ月くらいはかかる、だから全体の改装には2年近くかかる……とか、予算的なこととか……いろいろ「理由」があるでしょう? その理由を知りたいと思ったのです。

ただ2008年3月と言われたってね。丁寧な応対とは感じられませんでした。

同じことは国立歴史民俗博物館に限らず随所に見られます。

「しばらくお待ちください」とか掲示してあればそれで事が済むと思うのは少し、配慮に欠けると言わざるを得ないと思います。

|

« 個別の意味 | トップページ | 工賃倍増計画支援事業 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。