« 自立支援法に対応する力 | トップページ | 教訓はいかされず…… »

2006年8月12日 (土)

3300人の思い

 8月1日は私が勤務する施設の創立記念日です。毎年この日に「夏まつり」を開催しています。この夏まつりの開催意図は「できるだけ多くの地域の皆様においでいただくこと」です。施設を利用されているご本人とご家族に楽しんでいただくことはもちろんですが、それとは違う目的が一番にあるわけです。

 障害者施設のイベントに、地域の方々が「行こう」という気持ちは何によって生じるのでしょうか。毎年毎年の開催に向けて、このようなことを考え続けてきました。

 数年前に初めて開催したときは、500人の集客を目標にしました。それ以来、毎年目標を高く掲げ続けてきて、今年は目標の2700人を大きく上回る3300人の集客を達成したのです。ご来場いただきました皆様にはほんとうに感謝申し上げます。

 うわまわった600人という数字は、最初の年の目標である500人を超えるものでした。2千人、3千人を集めるには、どのようなしくみとどのような準備とが必要かということを施設の職員一人ひとりが着実に身につけてきたからこそ、運営が可能になったのです。

 今年の夏まつりは、2つの目標を掲げました。ひとつは無事故。おいでいただいたすべてのお客様に怪我のないイベント環境を提供することです。もうひとつは集客目標2700人です。

 二つめの目標は、大きく達成しました。122%の達成率です。

 一つめの目標は、残念ながら未達成でした。お一人が擦過傷を負い、医務室で治療を受けられました。軽傷でした。本当ならば事故ゼロと評価してもよいのかもしれません。しかし怪我のない環境の提供を目標にして準備したからこそ、軽傷1名で済んだのです。さらに安全なイベント環境の構築に向けて再検討をしなければなりません。

 軽傷者1名で済んだのは、事故ゼロに向けて取り組んだことに対する「神様からの最大のプレゼント」であったと思います。

 楽しい夏まつりを多くの方に過ごしていただくことができました。楽しみ方はそれぞれです。食べる楽しみ、観る楽しみ、作る楽しみ、買う楽しみ、遊ぶ楽しみ、踊る楽しみ、ねらう楽しみ……さまざまです。

 しかしおいでいただいた3300人の皆様の思いに共通すること、それが安全に過ごしたいという思いです。すべてに優先することが「安全」です。

|

« 自立支援法に対応する力 | トップページ | 教訓はいかされず…… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。