« 高くても買いたいもの | トップページ | データがなくならなくて、よかった »

2006年2月23日 (木)

体験しないと分からないこと

 私の勤務する施設の職員研修旅行が先月ありまして、GUAMに行ってきました。そこでセスナの体験操縦に挑戦しました。マイクロソフト社のフライトシミュレーターを多少かじったことがあるので、計器類の見方とかは分かりましたが、なんといっても生まれて初めての操縦です。セスナなどの小型飛行機に乗るのも初めてのことです。

 ペダルを使ってのタキシング(地上走行)がまず、なかなか思うようにできませんでした。まっすぐ走らせること、これがなかなか難しい。それからパソコンを使ってのシミュレーターでは「トリム」の感覚が分からなかったのですが、実機でトリムを入れると操縦桿が急に軽くなってトリムの意味がよく分かりました。トリムを使えば上昇下降が楽にできる。実際に操縦してみないとこの感覚は分からないことでした。

 低速飛行やストールの練習もさせてもらえたのですが、ストールは正に「絶叫マシン」ですね。パソコンのシミュレーターでは分からない激しい動きは本当に実機ならのものでした。機の姿勢の回復はたぶんに隣のインストラクターさんがしてくれました。自分で操縦桿を引いた記憶がないからです。

 3000フィート以上なら地上から吹き上げる風の影響があまりないのに、2000フィートより降下すると風の影響が強くなるとか……こういうこともパソコンでは感じられないことです。

 そういえば、以前レーシングカートに乗っていたときも、ゲームセンターにあるレースのゲーム機とはまったく違って横Gに耐える体力がとても重要だと感じたことを思い出しました。車のレースはハンドルさばきなんかじゃなくて、体を支える腹筋とかの筋力がレースの最初から最後までもつかどうかが大切なんです。腹筋がないと「息を止めたまま」力を入れ続けることになり、真夏は特に息を止めながら走っていると体内の酸素が少なくなって脳の動きが鈍くなり、車のコントロールが結局雑になる。F1のドライバーが2時間近くも走り続けるなんで化け物だなあ、とわずか10分くらいのカートレースでばてていた私はため息をつきながら思ったものでした。

 セスナの操縦も、風の影響を受けながら機の姿勢を整えることに夢中になっていていつの間にか耳が痛くなっている、などという感覚は本当に体験してみなければ分からないことでした。

|

« 高くても買いたいもの | トップページ | データがなくならなくて、よかった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体験しないと分からないこと:

« 高くても買いたいもの | トップページ | データがなくならなくて、よかった »